第4回日本学生女子アイスホッケー大会にて昨年に続き、日本体育大学が優勝、
東京女子体育大学が準優勝を飾りました!

第4回日本学生女子アイスホッケー大会が11月20日(日)〜11月23日(水祝)まで、北海道帯広市で開催されました。

この大会には、全国から16の大学の女子アイスホッケーチームが参加し、東京都からは
日本体育大学スケート部女子アイスホッケー部門と東京女子体育大学の2チームが参加しました。

昨年に続き、決勝戦はこの東京都の2チームによる対決となり、日本体育大学スケート部女子アイスホッケー部門が優勝(二連覇)、東京女子体育大学は準優勝を果たしました。

▼日本体育大学スケート部女子アイスホッケー部門 長野理沙主将のコメント

今シーズンは追われる立場となり、プレッシャーの中、挑んだ大会でしたが、
ゴールを決めるという強い気持ち、また一人一人が自分の役割をきちんと果たした結果が、
無失点完全完封、二連覇へと繋がったのだと思います。
今大会中は保護者様・関係者様をはじめ、多くの方々に支えて頂き、勇気を頂きました。
この感謝の気持ちを決して忘れず、これからのシーズンを選手一同プレーを通して恩返ししていきたいと思います。
改めまして、連盟および関係者の皆様、本当にありがとうございました。

Image

     二連覇を喜ぶ日本体育大学スケート部女子アイスホッケー部門の皆さん
 
 

Image

     準優勝の東京女子体育大学の皆さん
 
 

Image

     日本体育大学対東京女子体育大学の決勝戦

試合の結果詳細はこちらから
公益財団法人日本アイスホッケー連盟ウェブサイト
大会情報 >> 第4回日本学生女子アイスホッケー大会

(2016年12月2日 20時45分)

当ページに掲載している写真、イラスト等の無断転載、複写使用を禁じます。
Copyright © 2017 TIHF All Rights Reserved.