平成21年関東大学リーグ 早稲田大学優勝

ダイドードリンコアイスアリーナで、満員のアイスホッケーファンが見守る中、関東大学リーグDiv.1-A最終戦が行われました。
東洋大学が早稲田大学を4ー3で下しましたが、第1戦を8−5で勝利した早稲田大学に、ファイナル2試合合計の得失点差で及ばず、早稲田大学が2年ぶりの優勝、大学王座に返り咲きました。

最終戦の前に行われたDiv.1-A6位の法政大学とDiv.1-B1位の慶應大学の入替え戦は、4−2で慶應が法政を破り、グループAに昇格を決め、法政はBへの降格となりました。

Div.1-A最終戦の試合詳細はこちら
入替え戦の試合詳細はこちら

Image

■表彰選手
MVP   久慈修平(早稲田大学)
ベストGK 小野航平(早稲田大学)
ベストDF 中居隼都(早稲田大学) 蛯名正博(東洋大学)
ベストFW 金子亮介・山下拓郎(早稲田大学) 坂上太希(東洋大学)


▼インターネット動画サイト『すきスポ』12月1日スタート
Div1-Aの21試合のハイライトが放送されます。
優勝監督・MVP選手のインタビューも見られます。
すきスポはこちら

(2009年11月29日 20時24分)

当ページに掲載している写真、イラスト等の無断転載、複写使用を禁じます。
Copyright © 2022 TIHF All Rights Reserved.